ミュゼの値段が一番安くなるお得な時期はいつ?


値段が安いことでも人気のあるミュゼプラチナム(略してミュゼ)ですが、同じ脱毛を始めるなら一番安いお得な時期に契約したいですよね。

電車の中吊り広告なんかでもよく見かけるので、気になっている女性も多いかと思います。

一番オトクな時期は、通常価格よりもはるかに安く契約できる90%オフの割引キャンペーンが実施されている月です。

【ミュゼの値段はいつが一番安いの?】

という疑問ですが、結論を言うと、

一番安い時期は【今】です。

なぜなら、過去のキャンペーン価格ではどうあがいても契約できませんし、今後どんな安いキャンペーンが実施されるかは知りようがないからです。

2017年5月に大幅な値上げがあった事実を考えると、対象外だった「ミュゼが初めての方限定キャンペーン」も、今後は大幅に値上げされる可能性だって考えられますし、もしかしたら終わるかもしれません。

【一番安く脱毛を始める確実な方法】は、無料カウンセリングへの今月中の予約です。





一番安い値段は「両ワキ+Vライン通い放題」100円


ミュゼ

ミュゼで一番値段が安いのは、90%オフになる「ミュゼが初めての方限定キャンペーン」です。

月によってキャンペーン内容は少しだけ変更されますが、2018年7月現在では、

「両ワキ+Vラインが100円で通い放題+最大8箇所が15円均一」です。

内容が多少変わるとは言っても、実はこのキャンペーンには共通点が見られます。

割引が適用になる条件も同じなので、要チェックです。

両ワキVライン通い放題+αの組み合わせプランになっているケースが多い

ミュゼの利用が初めての女性が対象

指定日までにカウンセリング予約を完了

Web予約限定

これらの条件を満たしてさえいれば、ミュゼの90%オフの割引キャンペーンを期間も回数も無制限の通い放題で契約できます。

通い放題は「両ワキとVライン」だけで、その他の部位は1回のみです。
通い放題は16歳以上の方のみ。未成年者は同意書が必要。




「脇」「Vライン」は毛が太くて濃い部位で、しかもしつこく生えてきます。

数回お手入れした程度では、決して自己処理からは解放されません。

でも、ミュゼのキャンペーンは通い放題なので、毛深い剛毛の女性でも効果をずっと持続させられます。

満足いくまで何度でもお手入れしてもらえるので、ムダ毛も肌トラブルの心配も一緒になくせます。


ミュゼ

申込みボタン



「初めての方限定キャンペーン」では部位数が足りないって方は、これから紹介する半額キャンペーンも要チェックです。

ミュゼで50%オフの値段になるプラン

ミュゼ 50%オフ



ミュゼで値段が50%オフになるのは完了コース以外のすべてのメニューで、以下の5コースで値引きされます。

ミュゼが初めての女性でも、すでに会員の方でも利用できます。

部位を追加したくなったときにも使えます。

割引の仕組みも含めて、解説していきます。

  1. ハイジニーナ7VIO脱毛

  2. 全身脱毛コースライト

  3. 全身脱毛コースバリュー

  4. 全身脱毛コース

  5. フリーセレクトコース


ミュゼには「全身脱毛コース」も用意されていますが、現在はグループにコロリーが入ったので、部分脱毛により力を入れている印象です。

そのため、全身脱毛の募集は控え目になっています。

ミュゼ 半額キャンペーン 値段




50%オフの適用条件


50%オフの割引価格で契約するには、指定された条件をクリアしなければいけません。

とはいっても全然難しくないので、サクッと済ませられます。

「ミュゼ公式アプリのミュゼパスポート」をダウンロード

4回以上の回数で契約
(フリーセレクトSパーツは8回に相当)

たったこれだけです。

ただし、この条件もいつかは変更されるかもしれません。

最新情報はミュゼのキャンペーンサイトでチェックしましょう。


デイプランとレギュラープラン


デイプラン



デイプランとは、通う曜日や時間が制限されている代わりに、値段が割引される通い方です。

デイプランで契約すると、平日の12時から18時までしか通えません。

しかも、18時には施術が終わっていなければいけません。

ただ、人があまりいないので予約が取りやすいですし、約17%の割引が受けられます。

レギュラープランとは、通う曜日や時間帯に縛られないごく一般的な通い方です。

特別な契約や手続きは不要です。


ミュゼのハイジニーナ脱毛の値段は他社と同等


ミュゼ ハイジニーナ脱毛



【ハイジニーナ脱毛の料金比較】
回数 ミュゼ エピレ プリート
1回 - 14,350 28,500
4回 36,000 45,800 -
6回 54,000 56,100 54,000
8回 72,000 69,600 -
12回 108,000 104,400 100,500



ミュゼのハイジニーナ7VIO脱毛コースを、レギュラープランで半額キャンペーンを利用する場合の値段を比較してみました。

結論は見ての通りですが、想像していたような大きな差は開きませんでした。

ミュゼなら12,000円以上の契約で「両ワキ+Vラインの通い放題」が無料プレゼントされます。

この特典を考えると、ハイジニーナ脱毛するならミュゼがおすすめといえます。

トライアングルは無毛にしなくても、好みの形にデザインして残せるので安心です。

ちなみにアンダーヘアの人気の形は、「逆三角形」「スクエア」「全処理」の順です。

申込みボタン




部位が限定された全身脱毛コース


部位が限定された全身脱毛コース



ハイジニーナや全身など、お手入れしたい部位がセットになっていれば、コースを選ぶ際に迷う事はさほどないでしょう。

既存のコースで施術部位に過不足がある場合、深く考えずにフリーセレクトを選んでしまうかもしれませんが、もしかしたらその選択はお金も時間も損をしているかもしれません。

なぜなら、他のコースならより安くお手入れできるかもしれないからです。

それが「全身脱毛コースライト」か「全身脱毛コースバリュー」です。


全身脱毛コースライトの値段

「両手両足」を絶対にキレイにしたいなら「全身脱毛コースライト」がおすすめ


全身ライトは、「甲と指まで含んだ両手両足」を軸に、「デリケートゾーン」か「背面」か「体前面(胸とお腹)」が選べるようになっています。

ミュゼ 全身ライト Aプラン 施術範囲



ミュゼ 全身ライト Bプラン 施術範囲



ミュゼ 全身ライト Cプラン 施術範囲



値段は1回47,250円で、今なら4回以上の契約で半額キャンペーンが利用できます。

4回で189,000円が半額の94,500円で脱毛できます。

同じ部位をフリーセレクトで契約するよりも、値段は安く抑えられます。

「Sパーツ2箇所」は「Lパーツ1箇所」に置き換えられるので、全身ライトは「Lパーツ7箇所」と同じになります。

「Lパーツは1箇所1回9,000円」なので、7箇所を各4回だと値段は9,000円×28で252,000円と高額になってしまいます。

半額キャンペーンを利用したとしても126,000円なので、31,500円もの差額が出てしまいます。

「両手両足」を絶対キレイにしたい方は、「全身ライト」の方が安く抑えられます。

ただし、他社との比較も要チェックです。


脱毛ラボの選べる24箇所の方がおすすめ

脱毛ラボ 選べる24箇所 値段



ミュゼの全身脱毛コースライトAプランと
脱毛ラボの選べる24箇所の比較
ミュゼ 脱毛ラボ
施術範囲 「両手」「両足」「デリケートゾーン」「両ワキ+Vライン」 「両手」「両足」「VIO」「両ワキ」+「顔」か「背中」
備考 手足の甲と指含む 手足の甲と指含まない
通うペース 2週間に一度 2週間に一度
キャンペーン価格 141,750円 56,410円

※6回の値段

ミュゼの全身ライトはフリーセレクトよりも値段を安く抑えられますが、実は似たようなプランが脱毛ラボで提供されています。



それが「24箇所の選べる部分脱毛」です。

月額制は1回完了までに12ヶ月かかる(2018年7月現在)などのマイナス面が多く実用的ではないのでおすすめしません。

脱毛ラボの月額制はスタッフにも評価されていないので、すすめられるのは大抵パックプランです。

もしもミュゼの「全身ライト」で施術部位を妥協するのなら、「脱毛ラボの選べる24箇所」もチェックしてみてください。

  1. 全身から部位を自由に選べる

  2. 半年で6回完了するスピード脱毛ができる

  3. 値段はミュゼの半額以下


脱毛ラボの選べる24箇所6回パックの値段(56,410円)は、2018年7月現在のキャンペーン価格です。

月によって多少上下しますが、ミュゼの全身ライトより安いのは確かです。


脱毛ラボの選べる24箇所の申込みページ 


全身脱毛コースバリューの値段

「手足の露出対策」or「腕」or「足」プラスアルファなら「全身脱毛コースバリュー」がおすすめ


「全身脱毛コースバリュー」は、「ヒザ下・ヒジ下」が必ず含まれている【スタンダード】

全身バリュー スタンダード 施術範囲



「ヒジ上・ヒジ下」が必ず含まれている【うでプラス】

全身バリュー うでプラス 施術範囲



「ヒザ上・ヒザ下」が必ず含まれている【あしプラス】

全身バリュー あしぷらす 施術範囲



の3つのプランが軸になっていて、それぞれにプラスアルファの部位が設定されています。

全部で12のプランが用意されていて分かりづらいですが、まずは「手足の露出対策」をしたいのか、「腕だけは絶対キレイにしたい」のか、「足だけは絶対キレイにしたい」のかを決めると分かりやすくなります。

ただ難点は、部位があらかじめ決められている点です。

納得できるプランがあれば、フリーセレクトよりも安く抑えられます。

全身バリューは1回31,500円で、Lパーツ4箇所に相当します。

4回で126,000円ですが、半額キャンペーンで63,000円になります。

もしも同じ内容をフリーセレクトで契約すると、9,000円×16=144,000円です。

半額キャンペーンが使えるとは言っても72,000円なので、9,000円の差額が出ます。

お手入れしたい部位の合計が「Lパーツ4箇所相当」の時に、「全身バリュー」の方がオトクになります。


ミュゼの全身脱毛は値段が高すぎる

ミュゼ 全身



ミュゼの全身脱毛の値段は、他社の相場と比較すると相当な割高感を感じます。

いくら半額になるからと言っても、費用面でのメリットは感じられません。

全身脱毛で人気のサロンの料金と比較してみます。

回数 ミュゼ 脱毛ラボ キレイモ
1回 - - -
4回 126,000 - -
6回 189,000 109,760 114,000
12回 378,000 195,980 229,003
18回 567,000 279,980 313,956



他にも銀座カラーやシースリーも有名ですが、どちらも通い放題なので割愛しています。

パックプランしかないミュゼの料金との比較には、不向きだからです。


フリーセレクトコースの値段


お手入れしたい部位数が少ない時に検討するのが「フリーセレクトコース」


ミュゼ フリーセレクト



少ない部位数をセットにして値段を安くしているのが「全身バリュー」ですが、それでもまだ不要な部位が含まれているかもしれません。

そんな時に初めて検討したいのが「フリーセレクト」です。

部位の面積によって、「L」と「S」の2種類に分類されています。

Sパーツ2箇所は、Lパーツ1箇所に換算できます。

例えば「全身バリュー」で、「ヒザ下・ヒジ下だけでいい」とか、「ヒザ下だけでいい」と思った場合です。

仮に「ヒジ上・ヒジ下・ヒザ下」の3箇所を4回お手入れしたいなら、9,000円×12で108,000円、半額キャンペーンで54,000円で済みます。

「Lパーツ3箇所相当」ならフリーセレクトの方が値段は安くなるんです。

フリーセレクトコースの値段の計算方法は他に比べて少しややこしいですが、「1箇所1回の値段が9,000円のLパーツ」と「1箇所2回の値段が9,000円のSパーツ」という2点さえ覚えておけば対応できます。

注意点としては、「Sパーツ」の契約は2回からしかできない点と、「Sパーツ」の半額キャンペーンの対象は8回以上という点です。


ミュゼの半額キャンペーンはいつまで?


ミュゼ 半額キャンペーン



ミュゼでは半額キャンペーンも実施されています。

ミュゼが初めての方でも、すでに通われている方でも、公式アプリ「ミュゼパスポート」をダウンロードするだけで半額キャンペーンが適用されます。

「完了コース」以外の全てが対象なので、「初めての方限定キャンペーン」では部位数が足りないと感じていたあなたにおすすめです。

半額キャンペーンがいつまで実施されるのかという期間はもちろん気になりますが、終了時期は全く分かりません。

いつもやっている印象が強いですが、終わらないとは限りません。

ただそれ以上に気になるのが、半額になってホントに安くなるのかという疑問です。

安く脱毛したい方は、各コースでの他社との料金比較を見直してみてください。

ミュゼの値段は今後も値上げの可能性アリ

疑問に思うOL



『ミュゼの値段はホントに今が一番お得なの?』

こんな疑問をお持ちの方には、ぜひ知っておいて欲しい事実を紹介します。

実はミュゼでは、2017年5月に値段が大幅に値上げされました。

具体的には、「初めての方限定キャンペーン」以外の全コースの値段が50%アップです。

元の値段が高くなっているので、半額キャンペーンを使った値段も当然値上げされています。

値上げ前後の料金を比較してみました。


値上げ前後の料金比較


ミュゼの値上げ前後の料金一覧表
コース名/料金 値上げ前 値上げ後
ハイジニーナ7VIO脱毛コース 72,000 108,000
全身脱毛コース 252,000 378,000
全身脱毛コースライト 189,000 283,500
全身脱毛コースバリュー 126,000 189,000
フリーセレクト Lパーツ(1箇所) 36,000 54,000
フリーセレクト Sパーツ(1箇所) 36,000 54,000


※フリーセレクトSパーツは12回、その他のコースは6回での料金

今後も同規模の値上げがないとは、断言できません。

そういう意味でもやっぱり、今が一番オトクです。


顔が施術範囲から除外


50%の値上げ以外にも、変更点が見られました。

以前だとコースによっては「鼻下」「あご」も範囲に含められましたが、2017年5月以降は全コースから「鼻下」「あご」が除外されました。

つまり、ミュゼではもう、顔脱毛が一切できなくなったんです。

顔だけのお手入れが希望なら、ディオーネがおすすめです。

鼻下や顎だけでなく、額(おでこ)や頬など顔全体まで含む全身が希望なら、キレイモがおすすめです。

更に、眉間や小鼻まで含めたい場合には、「ストラッシュ」「ラココ」「アイセル」くらいしか対応できません。

ミュゼの各コースの回数別の効果の目安と値段

眼鏡のOL



ミュゼの値段は、契約するコースや回数によって変わってきます。

値段を知るためには、まずはどこをお手入れしたいのかをハッキリさせておくことです。

あとはどの程度の仕上がりを求めるかですが、ここは判断が難しいので、無料カウンセリングでプロのエステティシャンへのしっかりした相談をおすすめします。

参考までに、何回でどの位の効果が実感できるのかを紹介しておきます。

4〜6回で自己処理がとても楽になり、8〜12回でムダ毛の心配がいらなくなる方が多いようです。

薄くなればいいだけのか、自己処理から解放されたいのか、によって必要な回数もおのずと変わってきます。

参考までに、各コースの6回と12回でのレギュラープランの半額の値段を紹介しておきます。

コース 6回 12回
ハイジニーナ 54,000 108,000
全身ライト 141,750 283,500
全身バリュー 94,500 189,000
全身 189,000 378,000
フリーL 27,000 54,000
フリーS ※ 27,000 27,000


※フリーセレクトSの6回は半額対象外

ミュゼで効果を発揮するのは、「光」と「ジェル」の2種類です。

「光」は毛根に作用して熱でダメージを与えるので、お手入れしてもらってから2週間後くらいに、毛が抜けていきます。

「ジェル」は冷却の役割も果たしますが、抑毛成分が配合されています。

したがってジェルによる効果では、毛が細く柔らかくなっていきます。

光では難しい産毛にも、効果を発揮できます。

ミュゼの値段のまとめ

ファイルを持つOL



ミュゼの値段に関してチェックしてきましたが、いかがだったでしょうか。

最後にここで、ミュゼの値段のポイントをまとめておきます。

  1. ミュゼの値段が一番安いのは【今】

  2. 「両ワキ+Vライン」が100円で通い放題

  3. 「完了コース」以外は半額キャンペーンの対象

  4. コースによっては他社より値段が高い

  5. 今後も値上げの可能性は否定できない

  6. 12,000円以上の契約で「両ワキVライン通い放題」が無料プレゼント


ミュゼの値段で一番注意したいのが、値上げの可能性です。

今後値上げされる可能性はあっても、値下げされる可能性はほぼないでしょう。

そう考えるとやっぱり、今が一番安い時期だと断言できます。


ミュゼの格安キャンペーンの過去の履歴


参考までに、ミュゼで実施されていた過去のキャンペーンを紹介しておきます。

時期 値段 内容
2018年7月 220円 ワキV通い放題+最大8箇所
2018年6月後半 100円 ワキV通い放題+4箇所
2018年6月前半 90円 ワキV通い放題+バリュー1回
2018年5月後半 300円 ワキV通い放題+4箇所
2018年5月前半 150円 ワキV通い放題+4箇所
2018年4月後半 200円 ワキV通い放題+バリュー1回
2018年4月前半 300円 ワキV通い放題+4箇所
2018年3月 300円 ワキV通い放題+4箇所
2018年2月 100円 ワキV通い放題+バリュー1回
2018年1月 100円 ワキV通い放題+バリュー1回
2017年12月 500円 全身バリュー1回
2017年11月 100円 ワキV通い放題+2箇所
2017年10月 300円 ワキV通い放題+2箇所
2017年9月 500円 ワキV通い放題+3箇所
2017年8月 300円 ワキV通い放題+2箇所
2017年7月 580円 自由に3箇所
2017年6月 400円 自由に4箇所
2017年5月 360円 自由に3箇所
2017年4月 300円 ワキV通い放題+2箇所
2017年3月 500円 ワキV通い放題+腕足背中
2017年2月 300円 自由に3箇所
2017年1月 400円 ワキV通い放題+2箇所
2016年12月 780円 ワキV通い放題+1箇所
2016年11月 1280円 ワキV通い放題+2箇所
2016年10月 100円 ワキV通い放題



「初めての方限定キャンペーン」は確かに毎月微妙に値段が上下していますが、目くじらを立てるほどの金額とは言えませんよね。

たった数百円にこだわって1ヶ月単位で時間を無駄にする方が、よっぽどもったいない行為です。

いつまた値上げされるかも分からないので、早めに始めるのがおすすめです。



申込みボタン


ミュゼのQ&A

Q&A



ミュゼに関しての思いがちな質問に、お答えしておきます。

こんなに安い値段のからくりについて


「初めての方限定キャンペーン」はあくまでも入り口という解釈で、サロン脱毛の普及も目的です。

ミュゼのお手入れで満足した方の大半は追加契約して通い続けるので、リピーターが収益源となっています。

格安キャンペーンは撒き餌みたいなものですが、粗悪だと悪い評判ばかりが立ってしまいます。

低価格で高品質なサービスが提供されているからくりは、ミュゼのビジネスモデルです。

リーズナブルで高品質だからこそ、ミュゼのビジネスモデルは成り立っているんです。

勧誘はホントにされない?


ミュゼのキャンペーンは値段があまりにも安いので、初心者の方は特に勧誘されないか不安ですよね。

でも決して勧誘などされないので、安心してください。

ミュゼの接客は、とても高く評価されています。

契約当日から施術してもらえる?


ミュゼでは残念ながら、契約当日からお手入れは始められません。

早く始めたいなら、無料カウンセリングへの早めの予約が最善の方法です。

通う間隔はどのくらい?


契約後は、1ヶ月から3ヶ月間隔で通います。

毛周期を無視したスピード脱毛にも対応してはいますが、そのためには有料会員サービスに入会しなければいけません。

最短なら2週間に1度通えますが、32,400円もかかります。

学割や乗り換え割はないの?


ミュゼでは、学割も乗り換え割も用意されていません。

一番人気の「両ワキ+Vライン通い放題」は元々割安なので、学生でも経済的な負担はかかりません。

乗り換え割は、全身脱毛がメインのサロンでしか用意されていません。

部分脱毛がメインのTBCやエピレからミュゼに乗り換えても、受けられる割引は用意されていません。

ミュゼの支払い方法


ミュゼの支払い方法は、現金かクレジットカードでの一括払いのみです。

VISAとMASTERは全店で利用できますが、その他のカードに関しては各店舗での確認が必要です。

総額が高くなるコースでも、ローンを組んでの分割払いや月払いでは通えません。

契約の有効期限について


ミュゼの有効期限は、最後の施術日から5年です。

他社よりもずっと長いので、期限切れの心配はほぼゼロです。

ミュゼの解約・返金について


ミュゼでは、全コースで解約できます。

クーリングオフは、契約日から8日以内の手続きが必要です。

完了コースは全額返金保証されますが、契約から1年以内の解約が対象です。

また、解約後はもう二度と完了コースでは契約できなくなります。

その他のコースでの返金は、契約日から3年以内の解約が返金対象です。

未消化回数分の全額が返金されます。

ミュゼでは他社と違い、違約金や解約手数料はかかりません。

シェービングサービス


ミュゼではシェービングサービスは行われていません。

ただし、襟足(うなじ)・背中上下・ヒップ奥に剃り残しがある場合は、サロンスタッフがお手伝いしてくれます。

それ以外の部位の剃り残しは、避けて照射されます。

キャンセル料について


ミュゼでは、ドタキャンした場合でも予約のキャンセル料はかかりません。

ただし、連絡なしのドタキャンは重大なマナー違反です。

ペナルティとしては、解約して返金してもらうときには、1回消化としてカウントされます。

生理中の対応


ミュゼは生理中だと、デリケートゾーンの箇所はお手入れできません。

その他の部位は基本的にOKですが、体調次第では控えた方がいいかもしれません。

お手入れできない条件


特に注意したいのが日焼けです。

効果が期待できなくなるばかりか、ヤケドのリスクが高まって危険だからです。

また、妊娠・授乳中も該当します。

その他体調やお肌状態によっては、断られるかもしれません。

予約の取りやすさ


『ミュゼは予約が取れない』という口コミをよく見かけますが、高速脱毛マシン「ミュゼエクスプレス」の導入以降は、かなり改善されています。

平日の夕方以降や土日祝日は予約が込みやすくなるのは事実ですが、全然取れないワケではありません。

ただ、薄着の季節が近づくにつれて新規客が殺到すると、厳しさは増します。

スマホからでも予約できるので、とっても便利です。

もしもお客さんが少ない平日の日中に通える方なら、デイプランで契約すれば予約は取りやすいですし、約17%値引きしてもらえます。

施術の痛みについて


脱毛の施術はよく「輪ゴムで弾かれたような痛み」を感じると表現されます。

ただし、体のどの部位でも同じように痛いワケではなく、ほとんどの場所では痛くありません。

ミュゼのSSC(スムーススキンコントロール)方式は特に、痛みを感じにくいと評判のマシンです。

敏感肌の女性でも、安心して受けられます。

ミュゼの美肌効果って?


マシンから照射される光自体に、ターンオーバーを促進する効果が備わっています。

加えて仕上げのアフターケアで塗られるのは、プラセンタエキスが配合されたミルクローションです。

優しいトリートメントによって肌を乾燥から守り、もっちりすべすべになります。

また、色素沈着による黒ずみが消えたり、肌荒れが治ったという体験談も見かけます。

毛抜きやカミソリ負けで傷んだ素肌も、美肌を取り戻せます。